貿易関係証明

目的別メニュー

貿易関係証明書の発給について

商工会議所では、会員企業、地域企業皆さまの貿易取引をサポートするため、原産地証明書をはじめとする貿易関係の証明を半世紀以上にわたって発給しています。
原産地証明書が求められる主なケースとして、
(1)輸入国の法律や規則に基づく時
(2)貿易取引に契約書や信用状の指示による時 などがあります。

※商工会議所が発給する意義

日本の商工会議所が発給する貿易関係証明は、「商工会議所法(1953年法律第143号)」に基づくものであり、また、原産地証明書の発給は、「1923年の11月3日にジュネーヴで署名された税関手続の簡易化に関する国際条約」の第11条において、条約を批准した各国が発給機関を定めることになっており、1952年に同条約を批准した日本では、商工会議所や商工会等が発給機関として認められています。


主な証明の種類について

原産地証明

原産地とは、貿易取引される商品の国籍のことで、すなわち、原産地証明とは、「貿易取引される商品の国籍を証明する書類」のことです。


インボイス証明

船積関連書類等が書類名義人によって正規に作成、商工会議所に提示されたことを証明するものです。


サイン証明

書類上のサインが商工会議所に登録されているものと同一であることを証明することにより、その書類が正規に作成されたものであることを「間接的」に証明するものです。


貿易関係証明申請方法

貿易関係証明の発給業務については、全国統一の発給規則に基づいて行っており、下記のとおり、事前の申請者登録発給毎の申請手続きが必要となります。

提出書類

  • 1.貿易関係証明に関する誓約書
  • 2.貿易関係証明申請者登録台帳
    ※1.2は商工会議所で配布しています。
  • 3.法人→登記事項証明書(履歴事項全部証明書 3カ月以内に発行)
    個人→住民票(3カ月以内に発行)個人事業者であることの証明書類
  • 4.印鑑証明書(3カ月以内に発行)

※その他条件により必要な典拠書類を提出していただくことがあります。


貿易関係証明書取得のフローチャート


原産地証明発給申請方法

  • 1.原産地証明書 必要部数(原則1件5枚以内)+商工会議所控1部(フォトコピー不可)
  • 2.典拠書類 商業インボイス
  • 3.持参窓口 郡山商工会議所 総務部 総務課
         営業日 平日8:30~17:00(土日祝祭日除く)

手数料

会員 非会員
貿易登録料 無料 無料
証明料 1,000円/件 2,200円/件

※証明料は消費税を含みます。

※1度納入された手数料はいかなる場合でも払い戻しは致しかねますのでご了承ください。


お問い合わせ

郡山商工会議所 総務部 総務課
TEL:024-921-2600